LOADING...
2017.06.26
東京都 / 日本

渋谷区役所建替えに伴い、一時的に美竹の丘公園の敷地(東京都児童館跡地)に渋谷区役所仮庁舎が建設されています。

美竹の丘公園の北東には美竹の丘・しぶや特別養護老人ホームが現存しています。

 

 

敷地のポイント

 

① 平成29年度には新庁舎が竣工し、仮庁舎は取り壊しとなるが、仮庁舎跡地をどのように活用するかは未定。せっかくなので、仮庁舎のプレハブを一部転用する等が提案できると面白そう。

 

② 宮下公園、明治通り側からのアクセスを考慮して、美竹通りからどのように見せるかを考える必要がありそう。機能のある建物を提案する場合にも、公園であったことを想起させるような地上部分のデザインがあると面白そう。

 

③ 周辺には商業施設、集合住宅、オフィス、老人ホームがあり、対象敷地のそれぞれのエリアに接する部分で、必要とされる機能が提案できると尚良いのではないか。

例:集合住宅側には子供たちが遊べる場所を提案する等

 

渋谷区役所新庁舎についても、民間が新庁舎および公会堂を建設する対価として、敷地の一部を70年の定期借地で借り受け、分譲マンションを建設するという事業スキームを採用しているようです。これに伴い、渋谷区は建築費の負担ゼロで新庁舎・新公会堂の整備を行います。

 

   

   

   

2017.06.19
愛知県 / 日本

円堀寺商店街は名古屋で最も古い商店街の一つと言われており、昔ながらの肉屋さんや食堂などが地元のお客さんで賑わっている一方、新たに軒を連ねたギャラリーやカフェ等は若いお客さんで賑わっていました。カフェとお肉屋さんが隣り合い、地元の人もカフェに来た人も、店先でコロッケを食べている様子が印象的です。

 

   

 

商店街には、円堀寺への入り口や、神社の参道、飲み屋街への入り口等が面しており、短い距離の中に沢山の要素があるので、調査対象としても面白いのではないでしょうか。

 

   

 

商店街の一角に1階部分も住居になっている集合住宅を見つけました。

活気ある商店街の一部であるにも関わらず、1階がテナントになっていないことに違和感を覚えましたが、面白い提案ができるかもしれません。

 

   

 

 

2017.06.13
愛知県 / 日本

名古屋市の街並み保存地区に指定された四間道とお堀に挟まれた敷地です。

お堀は名古屋城から続いており、四間道は観光地となっています。

 

【敷地1】

① 四間道からほど近い場所にあるにも関わらず、お堀には店舗や住宅の裏側が面している。

また、お堀が整備されておらず、水質が悪いことも裏になっている原因の一つであると考えられる。

お堀の水を浄化しつつ、憩いの場を提案できたら面白そう。

 

② 四間道は二本あり、賑わっているのは東側の道のみ。西側の四間道は整備されておらず、四間道とお堀の関係も希薄。対象敷地の提案により、それらを繋げ、人の行き来を生み出せそう。

 

③さらにお堀の賑わいを生み出すために、お堀の東側対岸についても提案ができそう。

 

 

【敷地2】

① 町並み保存地区のエリア外にも歴史的建造物が点在している。

町並み保存地区の東側は、保存地区でないからこそ、歴史的建造物を利用した街づくりの提案ができそう。

 

 

 

 

2017.06.05
東京都 / 日本

渋谷区広尾、祥雲寺の境内にあたる敷地です。

祥雲寺の境内には道路があり、別のお寺、住宅、オフィス、駐車場など様々な用途の施設があります。

 

敷地のポイント

 

① 祥雲寺の境内にはアパートや住宅、オフィスなど様々な機能が配置されており、一つの小さな街のような雰囲気。

 

② 祥雲寺にゆかりのあるお寺も複数あり、各お寺に三門があるため境内を歩くと次々に三門が現れてくる。複数あるお寺と、住宅など様々な施設との関係が面白い場所。

 

③ 敷地南東部は明治通りに対して皮一枚分だけ建物が建っている。それらの建物がお寺に対して、また明治通りに対して、どうあるべきなのかを考えるのは面白い。

 

④ 対象となる街区の周辺には商業、住宅、小学校、オフィスなど様々な用途の建物がある。お寺を中心とした小さい街が、周囲とどんな繋がりを持つことができるのか面白そう。

 

   

   

   

2017.05.28
日本

東中野駅北側、駅のホームと並走する長い敷地です。

 

敷地のポイント

 

① 駅のホームと敷地の間には線路が一本と、幅が狭い車道があるのみで、建物とホームの距離が非常に近い。ホームにいる人たち、電車に乗っている人たちから建物がどう見えるのか、また、建物や車道からホームがどう見えるのか、この両者の関係を考えると面白い。

 

② 敷地南側は通り沿いの低層部に商業店舗、上部は集合住宅とオフィスが混在している。敷地南側とも関係を持たせると面白そう。

 

③ 東中野駅北口側はロータリーやバス停、商業施設が集まる東中野駅の正面口。ここから敷地への引き込み動線なども考えられる。